セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

僕が一眼レフを買って一番驚いたこと

先週中古で買った一眼レフ(EOS7D)が届いたので、今週末は、早速外へ出て写真を撮ってきました。

と言っても、近くの公園ですが。

僕のうちの近くには、小金井公園という都内でも有数の大きな公園があるので、子供とカミさんを連れて、散歩に行きました。

早速、一眼っぽい写真を。

飛び立つ鳩の群れ

構図はともかく、一眼ならではのシャッタースピードが発揮されています。ね。(^^;

公園に着いたら、いきなりバサバサッと一斉に飛び立ったので慌ててシャッターを切りました。何とかファインダーに収まった

一眼レフを握って驚いたのは、シャッターを押すことに抵抗感が全くない事。

シャッタースピードの速さや、「カシャッ」といういかにもカメラっぽいメカ音などが相まって、「写真を撮るぞ」という空気感を作っているのか、ミラーレスのように1枚1枚写真を撮るという感覚ではなく、「カシャカシャカシャカシャ」と連続して大量に撮ってしまうオーラが発散されているようです。

息子とサッカーをして遊ぶ

そしてドライブモードをハイスピード連続撮影モードに切り替えた途端にそれは加速します。

エアーガンをフルオートでぶっ放すような、「パシャシャシャシャ」という撮影音に思わず「テレビでドラマとかCMで見るやつだ(゚Д゚)」とドキドキが止まりません。

そして撮影された写真は、瞬間を切り取ったような躍動感。

一眼レフってすげー。((;゚Д゚)

となったのですが、一番驚いたのは、公園に着いてから2時間程度で撮影された写真の枚数が736枚。(^^;

これには正直ビックリしましたし、ハードディスクがいくらあっても足らん。((^^;