セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

Degital Photo ProfessionalとLightRoomのRAW現像比較

普段、自分はLightRoom 5を利用してRAW現像を行っています。

LightRoomを持ってるんでDegital Photo Professional(以下DPP)なんていらんと思って無視していたのですが、先日、なんとなく開いた見たら・・・。

あれ?なんか凄く良くない?(; ・`ω・´)ゴクリ

まるで別物のようにくっきりした写真になっていて、一瞬マジで焦りました。

これが、純正品の力か・・・?

と。

その時の写真がこれです。

f:id:qtamaki:20160220084800j:plain

散歩前にマンションのエントランスで撮った写真ですが、ニット帽の立体感が全然違うし。

ちなみに、同じ写真をLightRoomの初期設定で開いたものです。

f:id:qtamaki:20160221084800j:plain

なんか、ぼんやりしてます。

LightRoomってゴミ・・・?

と、焦って設定を追い込んだら、設定で同じような感じにできるみたいで、ちょっと安心しました。

f:id:qtamaki:20160222084800j:plain

ポイントは、コントラストを強めにかける事のようでうす。

わかってみれば単純なトリック(?)ですね。(^^;

まあ、設定次第で写真の印象がガラリと変わることを知るいい機会になってよかったと思います。

オリジナルサイズはこちら
DPPとLightRoom比較 - セカイノカタチ 画像置き場