セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

Kindle unlimitedは詐欺商品だった?

moneyreport.hatenablog.com

これはショック。

確かに、「Kindle unlimited 読み放題ストア」で、「コンピュータ」「プログラミング」「サーバー」などのワードで検索して「値段の高い順に表示」すると、2000円以上の本が殆ど無い。

そして、定番的な本や良書と思えるような本は一切扱っていない(一切は言いすぎか)。

値段が高い=高品質というわけではないけど、技術書の場合、値段と読者数が反比例する傾向にあるので、ある程度専門性の高い「良書」と呼べるようなものになると、購入者数が限られるため、2000円以上は確実で、3000円〜5000円ぐらいがボリュームゾーンになります。この辺の価格帯の本が一切ないので、中身を吟味する必要も殆ど無いと思われます。

現時点で言えることは、Kindle unlimitedで扱う商品は、非常にライトウェイトな万人受けする内容の書籍か、KDP(Kindle Direct Publishing)と呼ばれる、新興の電子書籍オンリーの個人出版に絞られるようです。

まあ、冷静に考えれば「値段相応」ということかもしれませんが、最初にコストの高い書籍をラインナップして、無料お試しサービスの利用者を集めておいて、商品のクオリティを落として、惰性で有料サービスを続けるユーザーから定額収入を得ようとする魂胆が、腹に据えかねます。

まるでソ○トバ○クみたいな商売しやがって!

おっと失礼。^^;

9月頭には無料期間が終了すると思いますので、継続するかどうかはよく吟味する必要がありそうですね。

なお、エロのラインナップは、いささかたりとも毀損していない模様ですので、充実ラインナップで集客してエロでリテンションするという作戦(ry

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望