セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

ダイソーの100円毛筆を試してみた

さて、懲りずにお習字シリーズ第3弾。

ダイソーに行ったら、100円の毛筆が売っていたので、買ってきました。

太字の毛筆は、二種類あったので両方買いました。これで、普通に使えたらラッキーというスケベ心です。^^;

f:id:qtamaki:20161111090140j:plain

見た目は、こんな感じです。両方とも、筆が白いです。

f:id:qtamaki:20161111092851j:plain

材質は、こんな感じ。柄が竹になっている方は「羊毛、馬毛」となっています。

樹脂になっている方は「羊毛、ポリエステル」となっているので材質が違いますね。ポリエステルて。^^;;

f:id:qtamaki:20161111090321j:plain

樹脂の方を試します。

f:id:qtamaki:20161111090414j:plain

じゃーん。書けました。毛先が柔らかく、一度曲がると元に戻る力はゼロです。

1画1画毎に毛先を整えてやっと書けましたが、ハッキリ言って使いにくいです。

とても残念ですが、使い物になりません。

f:id:qtamaki:20161111090453j:plain

気を取り直して、竹の方を試します。柄が天然の竹でできていて、曲がっていて持ちにくいです。^^;

f:id:qtamaki:20161111090600j:plain

書けました。

書き味は、樹脂製の方と全く一緒です。

書けば書くほど、筆先が曲がって書きにくいことこの上ないです。

・・・。

ということで、両方共に残念な結果となりました。

「弘法は筆を選ばず」といいますが、この筆は流石に無いかな。と思います。

まあ、「どういう筆は書きにくいのか」という知見を得られたので良しとしましょう。^^;

あかしや 書道筆 太筆 一條秋水 3号 PL-201

あかしや 書道筆 太筆 一條秋水 3号 PL-201