読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

あけましておめでとうございます。年末年始は死んでました

ただの日記です。

昨年、12/9頃子供の風邪が感染ったみたいで、鼻水が出始めます。

その直前まで、呑気にジョギングしていました。

そこから、鼻水とダルさを抱えたまま、東京⇔山形の移動をこなしながら仕事をしていたのですが、12/23に東京に戻ってきた所で、風邪菌に完全に身体の支配権を奪われ、40度以上の熱が出始めます。

今回の風邪は、発症から悪化まで2週間のタイムラグを持つ不思議な風邪で、23日に悪化してから28日に一旦熱が下がるまで、5日間ほどは本当にひどい状態で、ずっと布団で寝ていました。

と言いつつ、途中1回インフルエンザの可能性を排除するために医者に行って、その時の移動と待合室で貧血が起きて、失神しないように頑張っているときが、瞬間最大風速でした。

幸い、インフルエンザウイルスは検出されず、家に帰って再び寝込むことができました。

それで、28日にだいぶ回復したので、療養できれば良かったのですが、「山形に再び向かい、忘年会などをこなしつつ子供と雪だるまを作る」というミッション・イン・ポッシブルを抱えていたため、冷や汗をかきながら、パーティに出席したり、雪だるまをこさえたりして年末を慌ただしく過ごし、往復1000kmに及ぶ車移動を経て、ようやく家に帰ったのが、12/31の夕方。

年越しそばを食べる余裕もなく、布団に潜って寝ていました。

年始も可能な限り大人しく過ごし、と言いつつ子供を散歩に連れて行ったりするミッションを課せられ、冷や汗をかいては布団に転がり込むというロハス・ライフを送っていたのですが、流石に昨日今日は、身体が動くようになってきました。

年末年始にやらなきゃいけなかったことが溜まっているような気もしますが、ともかく今年もよろしくお願いいたします。

(という年始早々盛大に愚痴を書きたかっただけ)