セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

「ネト充のススメ」が面白い!(ネタバレ無し)(アニメ感想文)

www.amazon.co.jp

今期のアニメです。

アマゾンプライムで観ていて、今第8話を観終わったところなのですが、どうしても言いたいことがあるのでキーを叩いています。

この「ネト充のススメ」ですが、完全に月9です。

font-size=600%の赤文字でで声を大にして言いたい。

言いたかった。

どんなアニメか

タイトルのとおり、主人公のアラサー女子が、ネトゲーにどっぷり浸かり、仲間たちとワイワイ充実した日々を送る物語です。

主人公は、真面目な社畜生活を送った末に、会社をやめてニートになり、ネトゲーだけをする生活を選ぶところから物語が始まります。

そして一緒にネトゲーをしている仲間の男の子と出会ったりすれ違ったりする、ベタな恋愛ドラマです。

何が面白いのか

主人公の狭い生活領域の中に、「これでもかっ」ってぐらいギッチギチに人間関係が詰まっています。

そして、主人公とそれを取り巻く登場人物たちは、現実世界ではありえないぐらいの密度で「偶然」出会い、そして絶妙なタイミングですれ違います。

これは、実写ドラマであれば、お決まりのパターンで、平凡な主人公が様々な偶然のいたずらによって、非日常的な体験をすることによって、ドラマが成立します。

日頃、狭い世間で平凡な生活している視聴者たちも、それを観て、それに共感して「自分にもドラマチックな出会いがあるかも?」と期待を込めて感情移入していくわけです。

実写ドラマであれば、王道と言える作りで、悪く言えば使い古された手法なのですが、アニメでこのようなドラマを観たことがなかったので、非常に新鮮に感じていますし、最近はテレビドラマなんて観ないので、懐かしい感じもします。

是非、実写化を

これは、是非「実写で見たい」という本末転倒な欲求が、僕の中で頭をもたげて来ています。

主人公は、深津絵里か、菅野美穂がいいなあ。とか。

相手役は、福山雅治とか田辺誠一ぐらいかなあ。とか。

いずれも、歳を取りすぎているので、実際作るならもっと若い俳優を当てたほうがよいと思いますが。^^;

いやあ。久々にこういうのも楽しいなあと思います。

f:id:qtamaki:20171130225420j:plain