読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

「第2期 第15回 H本読書会 in 秋葉原」を終えて #readhbon #haskell

H本読書会 Haskell 勉強会 技術書 関数型

第2期第15回H本読書会を開催しました。

今回は、第11章「ファンクターからアプリカティブファンクターへ」を途中まで読みました。

H本読書会とは?

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!

こちらの本を輪読する読書会です。

Haskellを覚えると色々楽しいことがあるんじゃないかと始めた読書会で、Haskellに関する本を少しずつ読んでいくという工夫のないスタイルが売りです。(汗

第11章「ファンクターからアプリカティブファンクターへ」

さて、この章ですが、「Functorとしての関数」という項がありして、ここがこの本の難所の一つだと思います。

なので、簡単に説明のスライドを作ったのですが、上手く説明できた感じはありません。(泣

最後の方まで読むと、なんとなく理解できる気がしたので、頑張って読むのが良いかもしれません。(^^;

なお、詳しい内容は、いつものように id:shigemk2 さんが。

shigemk2.hatenablog.com

いつもありがとうございます。(__)

次回、第16回 「第11章 ファンクターからアプリカティブファンクターへ」続き

次回。ファンクターとアプリカティブファンクターの続きです。

次回は、7/8に開催です。

これから始めたいと言う人も、是非ご参加ください。

第16回。よろしくお願いします。(__)

readhbon.doorkeeper.jp