読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

AmazonのKindle無印広告付き買った

ガジェット 読書

プライム会員で4000円引きだったのと、このブロクのアフィリエイト収入が、1年分で2千円ぐらい(皆様有り難うございます)あったので、それも使って3千円ぐらいで入手しました。

f:id:qtamaki:20160512142313j:plain

余談ですが、Amazonのアフィリエイト報酬が、ギフト券で届くのを知らず1年前のギフト券は無効になっていました。トホホ。

ともあれ、Kindle広告付きですが、以下に点について気になっていました。

  • 広告のウザさ
  • 画面解像度(Paperwhiteの半分ぐらいのdpi)
  • Eインクの操作性

広告の方は、写真のようにスリープモードになっている時に全画面に表示されますが、まったく気になるレベルではないです。

画面の解像度に関しては、ちょっとフォントのドットが見えるか?見えないか?ぐらいの解像度で、文章を読む文には全く困らないです。

Eインクの操作性に関しては慣れが必要ですね。

タッチしてのスクロールとか、スワイプとか、アニメーションしないので「ちゃんと操作出来てる?」と不安になりますが、慣れれば「そんなもんか」と順応します。(^^;

軽いのと電池が数週間持つらしいので、かばんに気軽に入れておけるという利点が大きですね。

Kindle fireの8インチとも迷ったのですが、Androidタブレットをすでに持っていたので、こちらの使い心地が知りたくて手を出してしまいました。

プライム会員だと、月1冊無料で読めるみたいですし。

Amazonの囲い込み戦略にまんまとやられている感じですが。(^^;

あと、バックライトがないので「寝ながら読めないじゃん!?」と思ったのですが、反射式の液晶は、外で読む時の視認性が非常によく、通勤電車などで重宝するということがわかりました。

PS VITAのグロア液晶なんて、朝の山手線で全く見えない。(^^;

何事も一長一短ですね。こういうトレードオフ好きです。