読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

Evernoteからの引越し先を考える

blog.evernote.com

昨日、Evernoteから、突然の通知がありました。

30日の猶予を設けて、無料プランの利用端末数を2台に制限するとのお達し。

ざわざわ...

これはマズイ。

ということで、早速引越し先を検討しました。

もともと、Evernoteを便利なメモ帳として使っていたのですが、リッチテキストな編集は、はっきり言って不要でした。

やはり、プログラマーたるもの修飾付きテキスト入力は、 Markdown で済ませたいものです。

そのため、移動先のプランとしては、以下の条件が好ましく思います。

  1. Markdownで編集可能
  2. 以下のマルチデバイスで利用可能
  3. Windows PC
  4. Mac OS
  5. iOS
  6. Android
  7. ファイルの一覧性と追加削除移動が楽
  8. 検索も楽
  9. 軽い

こんなもんでしょうか。

基本構成

上記の条件を考えると、基本構成としては、こんな感じが良いかと思います。

  • Markdown文章をエディタで書く(プレビュー可能)
  • クラウドストレージで管理

エディタは、普段使っているvimを考えていたのですが、フォルダの作成が面倒なのでAtomが良いかなと思っています。

PCでの編集は、いくらでもどうにでもなるので、それほど気にしなくても良いはずです。

問題は、スマホでの閲覧と編集です。

編集は、そんなにしないので、別アプリでメモっておいて後で、移してもよいと思いますが、閲覧はいつでもサクッとできないと困ります。

それで、クラウドストレージの検証をしたのですが、主要なアプリの状況はこんな感じでした。

OneDrive

現在、メモをOneDriveに書きためているので、最初に試したのですが、Androidのアプリでエディタアプリ(JotterPad)に連携したところ、ファイルの権限エラーでファイルが変更できなくなり、消せなくなるというバグに遭遇しました。

途中で、memoフォルダが見えなくなるし、ダメだこりゃと諦めます。

GoogleDrive

それでは、GoogleDriveはというと、Markdownの編集ができず、アプリ連携も無理そうだったので諦めます。ただし、プレビューは普通にできます。

DropBox

最後にDropBoxですが、元々JotterPadに連携機能が付いているので、Markdownの編集もスムーズでした。これは、イケてる。

結論

ということで、下記の構成で行くことにしました。

  • PC上では、Atom or vimで編集
  • AndroidやiOSとの連携はDropBoxで行う

vimのプラグインを探せば、ディレクトリ操作も楽になるかもしれんし、その辺も調査していきたいです。

iOSのDropBoxはMarkdown編集できるのかな?

まあ、何にせよEvernoteも長らく利用してきて、一時はプレミアム課金もしていたのですが、編集がリッチテキストで使いにくいのと、Webクリップなどの機能などを必要としていないため、ここらでお役御免願おうかなと思います。