読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

AIで仕事がなくなっちゃう!という誤解の誤解

d.hatena.ne.jp

id:shi3z さんの日記は毎度面白いです(そしてタイトルの通り長い)。

触発されて、感想と日々感じていることを書きます。

AI化で無くなる仕事は、定型的な仕事なので、クリエイティブな仕事は残ります。

そのため、つまらない仕事はロボットに任せて、人々はよりクリエイティブな仕事に従事することができるようになります。

これは間違いないことなのですが、2つ問題があります。

人は皆、クリエイティブなわけではない

1つは、この世にいるすべての人が、クリエイティブな仕事を望んでいるわけではないし、その能力が欠けている人も居るかも知れない。ということです。

僕が今までの人生経験の中で接してきた人の中には「何かを創造的に考えて新しい物を作り出したい」という欲求が大きい人と小さい人がいました。

もっとありていに言うと、クリエイティビティが高い人の方が遥かに少ない印象を持っています。

何か決められたことを黙々とこなすことに喜びを見出していて、「新たに自分で物を考える」ことを強要されることにあからさまに苦痛を訴える人もいました。

そういった人たちにとっては、AIと言うのは間違いなく脅威です。

一握りのクリエイティブな人達がAIの恩恵を受けて、よりクリエイティブな仕事に専念する一方、クリエイティブな仕事が苦手な人達は、失業するのかもしれません。

クリエイティブ or DIEな世界です。

未来の仕事の総量

また、もう一つの問題として、全人類がクリエイティブな仕事にシフトしたとして、それらを埋めるほど、クリエイティブなポストがあるのでしょうか?

例えば、今は知りませんが、一昔前は中国で工場を作るとき、機械の導入が禁止されていました。

機械を導入すれば効率的にできる工程を手作業で行うことで雇用を生み出したのです。

当時の中国では、数千人とか数万人規模の大規模工場が珍しくなく、大量の人手を使って製品を生み出していました。

この人達は、AI化を待つことなく、機械化されれば失業します。

そもそも、人類は有史以来、「存在する仕事の総量>人類が行える仕事の総量」という状況が続いてきました。

好き嫌い、向き不向き、損得などの要素はあるにせよ、誰かが仕事をしようとした時に、従事することのできる仕事の量は、常に人口に対して上回る状態ということです。

好不況の波によって、失業率が増えることがあっても「人口に対して仕事が不足する」という状況を未だ人類は経験していません。

しかし、AIの実用化に伴い、このバランスが根本的に崩れる可能性があります。

人類は、やるべき仕事を失うのです。

先程述べたとおり、クリエイティブな仕事は、今後も人手不足が続くでしょう。

しかし、仕事の総量としては、人口を支えるほどの量がないので、ごく一部の特権階級的な人々を除き「総じて極貧」という社会形態が出現する可能性があります。

現在の世界経済の仕組みでは「労働と対価」という構造が絶対的な多数を占めています。

国家は、仕事や雇用を創設するために公共事業などを行い、「労働と対価」という文脈の中で、国民が飢えないようにしています。

絶対的な仕事が不足することで、このロジックが破綻しようとしているのです。

恐らく、大きな社会的な混乱が生じ、新しい社会形態へと移行することになるでしょう。

個人的には、ベーシックインカムが導入されるのではないかと思っています。

その場合でも、今までは、「労働と対価」の原理と通貨制度がうまく機能していて、公平性や公正性を担保してきたものを別の機能で置き換える必要が有るため、単純にお金をバラ撒いてもうまくいかないので、そこをどうするかが課題となりそうですが。

日本人には厳しい時代

日本の教育や、新卒採用制度、その後の年功序列制度など、日本の社会形態は、徹底的にクリエイティビティを排除する方向で成長してきました。

世界が、AI化とクリエイティビティにシフトしたとき、日本の社会制度や日本人にとって、これほど厳しい時代はないのではないかと思います。

少しでも、クリエイティブな仕事に従事できる人材を増やすため、教育から社会制度まで、根本的に見直さないと行けないのですが、どうなるのでしょうか?

とりあえず、自分の子供が少しでもクリエイティブに考える癖が身につくように精一杯のアイディアを尽くしたいと思っています。

短期的な集中力と長期的な集中力

集中力には、2つの種類があります。

短期的な集中力と、長期的な集中力です。

通常「集中力」というと短期的なものを指して、本を読むとかブログを書くとかプログラミングするとか、せいぜい数時間程度の短期的な作業を行うために集中する力を指します。

それに対して、長期的な集中力とは、何か大きくて複雑な対象に対して、頭の中身を適合させた状態を維持する力を指します。

数学の問題集を解くのであれば、短期的な集中力が試されるのかもしれませんが、未解決問題に挑戦するというのであれば、その問題に関する様々な情報を脳にインプットしていき、理想的にはそれ以外の余分な情報をすべて排除してしまう必要があります。

そして、問題を解くまでその状態を維持し続けるのです。

人生の目標となるような大きな課題に取り組む時には、この長期的な集中力が重要な鍵を握ります。

途中で放り出したゲームのセーブデータをロードしたときに、自分が何をしていたか忘れてしまうように、一度集中が途切れてしまうと、取り返すには相応の時間が必要となるのです。

一度途切れた集中がなかなか戻らないのは、短期的な集中でも長期的な集中でも変わりません。

長期的な集中状態を維持するためには、常に対象のことを頭に入れ、毎日少しつづでも目標に向かった作業をすることです。

人間は、短期的な集中であれば無理も効きますが、長期的に物事に取り組むために無理をするのは苦手です。

そこに情熱がなければ続かないのです。

「夢」しか実現しない理由がそこにあります。

自分が、心の底から熱意を持って取り組める対象でなければ、長期的な集中を保つことができないのです。

長期的な目標を達成するコツは、少しの力でずっと押し続けることです。

誰かを説得するときも有効です。人間の心は、短期的な圧力には相応の抵抗力を発揮することができますが、長期的なストレスに晒されるのが苦手です。

毎日少しづつ動かしていくと、気づいた時には大分大きく動いていることに気づくはずです。

ただし、こちらにも相応の覚悟と熱意が必要となります。

迷いなく信念を持って進められる事柄でないといけません。

「あれもいいかな?」「これもいいかな?」「そっちはどうだろう?」なんて思える事柄であれば、長期的に集中することなんて土台無理です。

もし、自分自身の中に迷いがあるのであれば、自分自身を説得する必要があります。

自分自身が納得するまで、何度でも繰り返し自問自答するのです。

その過程で、真に説得できないようなことであれば、辞めてしまったほうが良いです。どうせ失敗しますし、失敗したら諦めてしまうでしょう。であれば、早いに越したことはありません。

本当に情熱を傾けられるような目標・夢を探すのには時間がかかります。

今からでも始めてください。

遅すぎることも早すぎることもありません。

テストしようよ

先日、息子と遊んでいると私達が「作品入れ」と呼んでいるファイルを持ってきて、私にこう言った。

「ここのぶぶんにはいる紙がないんだよねー」

そこで私は、部屋に戻ってA4サイズのコピー用紙を持ってきて提案してみた。

「これなら入るんじゃない?」

すると、息子から驚くべき返答が返ってきた。

「じゃあ、テストしてみよう」

「!!??」

マジ?

今「テスト」って言った?

しかも、学校の試験とかの意味じゃなく「試してみる」って意味で使った?

恐る恐る息子の真意を確かめる。

「テストって?」

「紙が入るかどうかテストしてみようよ」

なんと、事を起こす前に事前に問題点がないか確認しようとしている。

4歳の息子が。

これは、下手するとそこらのSEより賢いぞ。どこで覚えたんだそんなこと。

息子とのエピソードをブログに書いたりすると親バカだと思われかねない(もう手遅れかもしれないが)ので、なるべく控えるように心がけてきたのだけれど、これは流石に驚いた。ブログに載せてしまおう。そして、誤解を恐れずこう言い放ってしまおう。

うちの子、天才かしら?

いい大人たちが仕事で失敗するのは、大概事前に確認せずに事を進めるからだ。

良い仕事というのは段取り8割というが、実際に「動くのか?」「うまくいくのか?」について事前に確認していれば、8割方のトラブルは回避できる。

システム開発であれば尚更、テストやリハーサルというものが重要になってくる。

今回の息子の件は、単なる気まぐれや偶然だったかもしれないが、果たして何人の人間が事前確認を思いつくだろうか。

かくいう私も、今回のタイミングで「テストが必要」という認知には至らなかった。

そして、実際A4のコピー用紙は、「作品入れ」には少し大きく、はみ出した部分をハサミで切る必要があった。

息子は絵を描く前にその事に気づき、無駄に大きくはみ出した絵を描くこと無く、ファイルに作品をしまうことができた。

それは、日曜の昼下がりに起きた小さな奇跡の一コマだった。

f:id:qtamaki:20170221091033j:plain

玉ねぎのZカット

皆さん、玉ねぎ切ってますか?

カレーや肉じゃが、チャーハンやハンバーグなど、人生において玉ねぎを切る機会には事欠かないことと思いますが、玉ねぎを切る時、どのような手順で切っているでしょうか?

僕は、Z(ゼット)字に切っています。

図解するとこんな感じです。

当初、[Before]のようにH型に切っていたのですが、これだと半分に切って、左右の頭と尻尾を落とすのに五手かかり、それなりに面倒臭さを感じていました。

頭と尻尾を先に落とせば三手で済みますが、玉ねぎが安定しないのと、切った端っこが「ペロン」とくっつくのが嫌で、どうしたものかと観測限界以下のイライラを抱えて過ごしていたのを覚えています。

それで、ある時、一手目を袈裟斬りにすることで、効率よく気持ちよく三手で玉ねぎを処理できることに気がついて、それいらいこの方法を使っています。

この方法だと、玉ねぎの皮をむく時も、斜めに尖っている部分からむくことが出来るため、非常に効率的です。

と言っても、玉ねぎ1個につき10秒程度だと思いますが。^^;

大量に玉ねぎを処理する時は、目に見えて違いが出てくるんじゃないかと思います。

実は、10年ぐらい前に発見したので、かれこれ10年以上この方法を使っています。

以前に独自ドメインで運営していたブログに掲載していたのですが、今は閉鎖しているので、再掲することにしました。

皆さんの玉ねぎライフが少しでも楽しいものになりますように。

一応、手順を写真に撮りました。

f:id:qtamaki:20170219162715j:plain 斜めに包丁を入れます。この時の角度は、それなりにコツが入りますが、3個も切れば慣れます。^^;

f:id:qtamaki:20170219162318j:plain こんな感じで、袈裟斬りになります。

f:id:qtamaki:20170219162329j:plain 並べます。僕は左利きなので普通の人は逆向きに置いてください。

f:id:qtamaki:20170219162345j:plain 再び斜めに包丁を入れます。

f:id:qtamaki:20170219162402j:plain 端の尖ったところから皮がむけます。

最近メリットが効かなくなってきた気がする

www.kao.com

正確には覚えていませんが、多分10年以上シャンプーはメリットを使っていると思います。

使い始めたきっかけは、なんでかフケが大量に出るようになって、「フケ・かゆみ」というえばメリットという短略的な思考でチョイスしたのですが、見事にフケが抑えられ、それ以降ずっと使っています。

途中、リンスインタイプのメリットを使ったりしたのですが、リンスインだとフケが収まらない事がわかり、リンスの入っていない只のシャンプータイプのメリットに戻しました。

使用当初のメリットは、サラッとした青緑の液体で、ちょっとの量でも盛大に泡が立つのが特徴的なシャンプーでした。

リンス的な成分は一切入っていなくて、シャワーで洗い流すと「キュキュッ」とした一切潤滑性のない洗い上がりになったものでした。^^;

それが、最近(と言っても数年前から)、メリットに異変が起きています。

リンスインじゃないタイプのメリットにも潤滑成分が入るようになったのか、色が白っぽくなりリッチテイストのシャンプーに変わりました。

そして、ここ数年夏などに頭皮に汗をかくと凄く痒くなるようになりました。

ずっと「歳のせいかな」と思っていたのですが、今日オフロに入っていて大変なことを発見してしまいました。

 

メリットのパッケージから「フケ・かゆみを抑える」効果が消えている・・・。Σ(・∀・;)

 

なんと。気のせいではなく、メリットは変わってしまったようです。

只のシャンプーになってしまったのか?

僕のフケ・かゆみの行方は!?

実は、メリットは昔から凄くアンチが多いシャンプーで、曰く「使うとフケだらけになる」とか「洗剤と同じ成分が入っている」など、様々な罵詈雑言を浴びせられていることは知っていました。

でも、僕には合っていたし、リンスインにするだけで効果が無くなってしまっていたので、出来ればそのままの形で販売を続けてほしかった。

きっと時代に合わせてマイルドでナチュラルでスピリチュアル(?)な商品に変身したのでしょう。

文化の成熟とともに製品も移りゆくものだとは思いますが、シャンプー難民になるとは思いもよらない事でした。

悲しいことですが仕方がない。

こちらからは以上です。

メリット シャンプー ポンプ 480ml

メリット シャンプー ポンプ 480ml

バグのないプログラム書くことができると思っている上司を上手く説得する方法

Devil

anond.hatelabo.jp

バグのないプログラム。

プログラマーにとっては、聖杯であろうと思います。

元増田は、「バグのないプログラムを書く方法」や「バグのないプログラムを書くことができるか?」ではなく、「バクのないプログラムを書くことができると思っている門外漢の上司を簡単に説得する方法はあるか?」という問だと思いますので、その点について書きたいと思います。

回答: ない

身も蓋もない話ですが、「問題の解決はその問題を回避すること」が一番手っ取り早いので、この上司を無視するのが適切です。

相手にする必要はありません。

もし、あなたに十分な優しさが備わっているのであれば「流石部長!痛いところを突きますねぇ。でも、これが難しいんですよねぇ。えへへ」と適当な答えをしてお茶を濁すのが正解です。

そして、そんな上司のいる会社はとっとと辞めて別のもっと良い会社を探しましょう。

それが最も有効なソーシャルハックです。

バグのないプログラムは作れるのか?

ということで、一つ問題が解決したので、次の問題に移ります。

では、もう一段問題の範囲を狭めて、「バクのないプログラムを作れるのか?」ということについて考えてみたいと思います。

この問題の回答は、「そんなこと考えている暇があったら、バグ入りでもプロダクトをとっととリリースしてしまえ」です。

これは、今となっては20年前には既にマイクロソフトが導入している方法です。

Linuxの哲学で言えば、「十分な目ん玉があれば、全てのバグは洗い出される」です。

考えるだけ無駄なことにアレコレ思いを巡らせてしまうのは、プログラマの美徳の一つですが、杞憂だったみたいです。

素早く高品質なソフトウェアを書いて、リリースする事に全精力を注ぎ込んだほうが、結果的にうまくいきます。

ソフトウェアと言うのは、人が利用するものです。バックヤードで稼働するソフトウェアでも最終的に何らかの形で人とのインターフェースを持ちます。

つまり、ソフトウェアとは、人間社会に溶け込んだ人間社会の一部であり、もっとも重要な機能は「社会性」です。社会の中で役に立つか?と言う問題に対して価値を提供しなければ存在する意味はありません。

そう考えると、やるべきことは「バグを潰す」ことではなく「役に立つプログラムを書く」ことです。

世界中の先進的なソフトウェア開発者たちは、とっくの昔にそのことに気づいています。

20年以上前から、マイクロソフトやリーナスは、バグがあっても人の役に立つプログラムの価値に気づき、バグなんて取るに足りないものだという価値観を持っています。

GoogleだってFacebookだってバグだらけですよね?

日本人だけが(言い過ぎた)、21世紀にもなって、2017年にもなって、「バグのないプログラムは書けるのか?」なんてくだらない価値観の下、ソフトウェアを書いているわけです。

やめましょう。そんなこと。時間の無駄です。

バグとは?

もう一つ、細かい話題ですが「バグ」っていうのは、一体何なんでしょう?

世界最古のバグというのは、コンピュータのリレーに入り込んだ虫(bug)だったそうです。

news.livedoor.com

それから70年。人類は未だバグとの戦いに勝利していません。

上記のはジョーダンかもしれませんが、色々な種類のバグが有り、日々プログラマを絶望の縁に叩き込むバグの正体について、我々はあまりにも知らなすぎるのではないでしょうか?

そこで、ちょっとだけ「バグ」の定義について考えてみたいと思います。

こちらも回答を先に書くと「バグの厳密な定義はできない」となります。

例えば、「仕様どおりに動くプログラム」だったとした時に、これは上手く行きません。

簡単に例を挙げると「私は嘘しか言いません」という事を言う人が言った時に、「この人が嘘をついているかいないか?」を判定するプログラムは書けるでしょうか?

これは簡単なパラドックスですが、正しい仕様を定義することができるでしょうか?

現実社会では、もっと曖昧な仕様が大量にありますし、会社が社長派と会長派に分かれて泥沼の権力闘争中している状況で、社長が「メニューは右にしろ」といって、会長が「メニューは左にしろ」と言われた時、メニューはどう表示するのが正しいのでしょうか?

もっと細かいところでも、プログラマであれば「プログラミング」という行為が日々トレードオフの連続だということは、理解できると思います。

ArrayかListかを選択するだけでも、パフォーマンスやスペース効率などのトレードオフが発生します。

どちらが正解なのでしょうか?

厳密なバグの定義は、厳密な仕様の定義と結びついており、厳密な仕様の定義は、社会生活と結びついています。

ソフトウェアは、私達の社会を反映させる鏡の役割を担っていますので、私達の社会の正しさを厳密に定義できない限り、バグの厳密な定義はおぼつかないということになります。

そして残念ながら、それはできないでしょう。

つまり、厳密なバグの定義もできないということになります。

まとめ

上司の説得、バグのないプログラム、バグの定義と三段階に掘り進め、全てに「No」と答えてみました。

中々良い問題提起だったともいます。

とっくの昔に我々は間違っていたということです。

大きな人生と小さな人生

Sail

あなたの夢はなんですか?

この質問に答えられる人は、実は、そんなに多くありません。ほとんどいないと言っても良いくらいです。

夢を見ることや夢をかなえるために努力するというのは、自分の人生をどう生きるのか?という疑問に対しての取り組み方の問題です。

大きな夢を描き、それをかなえるために生きるというのは、「大きな人生」を生きるということです。

おそらく夢を追いかける人にとって「かなう・かなわない」は問題ではなく、放っておいても勝手に走り出してしまいます。

「夢を追いかける人の中には、夢をかなえる人がいる(かなわない人もいる)」というのは、結果論でしかなく、そんなに重要な事ではないのです。

それよりも「人生をどのぐらいの大きさで生きるのか?」ということのほうが、ずっとずっと大事です。

もちろん、残念ながら才能や努力や運が足りずに失敗してしまう人もいると思います。

これは、誰が見てもわかりやすいリスクです。

「わざわざ冒さなくても良い危険」と捉えることもできるでしょう。

小さな人生という選択

見えてる地雷を避け、安全安定を求めて「小さな人生」を指向する人もいます。

危険が伴う選択肢を避け、恥が伴う選択肢を避け、後悔や懺悔を避け、なるべく安定的で堅実な人生を選ぶ生き方です。

多くの人に影響をあたえることを好まないとか、自由や権力よりも心の平安や生活の安定を好む人も多いはずです。

積極的に失敗の危険のある選択肢を選ばなければ、自動的に目に見える危険は少なくなりますし、公務員の様な長く安定した職業に就けば、危機はだいぶ遠ざかったかに見えます。

大小どちらの人生も、強く指向する人もいれば、中間に位置する人もいます。同じ人でも時と場合によって選択肢は千差万別なわけですから、人それぞれです。

ですが、リスクを冒すことのデメリットを過大評価し、安全に生きることのデメリットを過小評価することで、「人生の大切な時間を無為に過ごす」ということも勿体無いことです。

小さな人生のリスク

小さな人生には、本当に危険が少ないのでしょうか?

チャレンジしていれば成功したかもしれないチャンスを棒に振るリスクはどうでしょうか?

機会損失のリスクです。

また、選択肢ないことによる選択肢の喪失というリスクもあります。

色々な問題は、時間が解決してくれるものですが、「時間」は、問題解決に支払う対価としては一番高価なものです。

一度きりの人生において、喪失した機会は二度と取り戻せません。

危険と後悔を避け続けた結果、生活の安定を脅かされ、後悔の念に覆われて生きることになることに僕は恐怖します。

チャレンジに失敗したことによるリスクは、本当にそんなに大きいのでしょうか?

僕の周りでどんどん挑戦している人は、失敗したときのダメージが「それほどでもない」ことを知っています。

主体性を持たず、流されて追い込まれた結果の失敗と違い、自ら考え、選択してチャレンジした結果の失敗というのは、案外ダメージが少ないものです。

失敗によるダメージは、失敗そのものよりも、「失敗するかもしれない」と気に病むことのほうが、ずっと大きな負担になります。

特に「失敗し慣れて」いない人にとっては、世界が終わってしまうかのような恐怖に思えるかもしれません。

しかし、実際に失敗してみると思ったような災禍は起こらず、起こってもずっと小さな損失で済んでしまいます。

ダメージなんて気にする必要はなかったのです。

失敗によるメリットの評価

選択しなかった場合と違うのは、自らの選択によってもたらされた失敗からは、多くの経験と学びを得ることが出来るということです。

ひょっとしたら、その失敗は世界中であなただけがチャレンジし、あなただけが失敗の経験を持つことになるのかもしれません。

あなただけの「挑戦と失敗」を繰り返していけば、その分野で失敗しているのは自分だけということになります。そうこうしているうちに、万が一(?)成功してしまった場合、もはやあなたに追いつける人は誰もいなくなるでしょう。

失敗のリスクの少なさを知っている人は、どんどん挑戦します。

失敗のメリットの大きさを知っている人は、どんどん挑戦します。

「失敗を恐れず挑戦しよう」なんて言う気はありません(ちょっとあるけど)。誰だって失敗は怖いものですし、小さな人生を指向するのも遺伝子の成せる技です。

しかし、過度に失敗を過少評価していたり、安全を過大評価するのであれば、それはそれでそれなりに危険をともないます。

自分が乗っている人生は、「大きな人生」なのか「小さな人生」なのか。

自ら積極的に選んで乗っているのか、消極的に選択されたものなのか。

選択によって人生は、大きく変わります。

選択することが大切なのです。