セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

D810とEOS5Dの比較・RAW現像で両者の差を埋める

qtamaki.hatenablog.com

というわけで、前回の比較で、比較的色味が違うかな?と思われた3枚について、D810をRAW現像して色味を揃えてみました。

その結果、ほぼおなじ色味に揃えられるかな?と思いました。

f:id:qtamaki:20170522220255j:plain キヤノンEOS5D

f:id:qtamaki:20170522220305j:plain ニコンD810

f:id:qtamaki:20170522220316j:plain キヤノンEOS5D

f:id:qtamaki:20170522220326j:plain ニコンD810

f:id:qtamaki:20170522220337j:plain キヤノンEOS5D

f:id:qtamaki:20170522220346j:plain ニコンD810

D810のRAWは、評判通り編集耐性が高いように思えました。

特に、「赤が飽和して潰れてるかな?」という部分に関しても、調整すると色鮮やかさを取り戻すことに驚きました。

ということで、センサー性能に関しては、僕の判定は「五分」です。

10年のビハインドがあるD810には厳しい結果かもしれませんが、ISOを高めた時のノイズ耐性は比較にならないでしょう。(というか、D5はISO3200までしか対応してないし)