セカイノカタチ

世界のカタチを探求するブログ。関数型言語に興味があり、HaskellやScalaを勉強中。最近はカメラの話題も多め

マーブルワーズ

写経はじめました

さて、お習字の一環として、写経をはじめました。

プログラミングの世界では、本の例題やサイトのコードサンプルを手元で入力して試してみることを「写経」などと呼んでいて、新米のプログラマーのみならず、ベテランであっても新しいプログラミン言語を覚えるときなんかには、よくやります。

まさか、本物の写経をする日が来るとは。^^;

ホームセンターで、1000円ぐらいで売っている裏に薄っすらとお手本が印刷されていて、あとは「なぞるだけ」という、5歳の息子がやっているアレの大人版を買ってきました。

f:id:qtamaki:20180315130628j:plain

当初は、小筆を使って写経しようと思ったのですが、買ってきた筆がこのサイズの文字を書くには太すぎて断念しました。

たまたま家にあった、冠婚葬祭用の筆ペン(どなた様のご家庭にも1本ぐらいはあるかと思います)を使って行います。

f:id:qtamaki:20180315130638j:plain

こんな感じでスラスラとなぞります。

f:id:qtamaki:20180315130650j:plain

一枚書くのに小一時間ぐらいでしょうか。作業の合間に、ちょこちょこやると心が落ち着いて良いです。

また、大量になぞり書きするので、習字の上達にも効果がありそうです。

書いていると、どんな内容なのか知りたくなると思いますが、この辺のブログを読むとなんとなく理解できるのではないかと思います。

www.zen-essay.com

大乗仏教って、ガワはアレですが、ちゃんと修行すれば必ず般若心経に行き着くので、解脱の意志があれば涅槃までのルートはちゃんと用意されているのですね。とても良いことだと思います。